写真雑誌などに掲載された作品を集めています。
by halkyoto2
カテゴリ
以前の記事
メモ帳
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
# by halkyoto2 | 2014-01-03 16:00 | フォトテクニックデジタル
2013年 10月 19日

「舞」

フォトテクニックデジタル 2013年11月号掲載




■選評■
 人形の配し方,不安定な斜め構図,映り込みなど興味を惹かれる要素が複雑に入り混じってるのがこの作品の魅力。美しさと怖さが行き来する印象を受けます。カメラ内蔵のアートフィルターでドラマチックに仕上げている点も作品イメージを盛り立てています。
f0192112_22182914.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2013-10-19 22:18 | フォトテクニックデジタル
2013年 08月 20日

「褌売ります!」

フォトテクニックデジタル 2013年9月号入選




■選評■
 意識的にフレアを取り入れたことが作品としての価値を高めています。これがないとシンプルすぎて小さなお店を記録した印象しか受けなかったかもしれません。現場でのちょっとしたひらめきや遊び心が個性的な作品を生み出すきっかけになったのでしょう。ただ、焦点のずれたタイトルは安直で想像力が膨らまず、再考を。
f0192112_15492554.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2013-08-20 15:29 | フォトテクニックデジタル
2013年 04月 25日

「水面下の鯉」

フォトテクニックデジタル 2013年5月号掲載




■選評■
 私的風景の記録。水面に浮かぶあぶく、曖昧に写る鯉と映り込みは作者の内面をのぞき見るようです。個展や写真集など組写真の中の一枚として取り入れると効果的な作品となりそうですが、単写真表現ならばもっと感情をゆさぶる余韻あふれるタイトルが理想でした。
f0192112_2140405.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2013-04-25 21:38 | フォトテクニックデジタル
2012年 10月 19日

「チビとノッポ」

フォトテクニックデジタル 2012年11月号掲載




■選評■
 「チビとノッポ」というタイトルがいいですね。小さくてずんぐりしたポストを,ひょろっと背の高い電柱が見下ろしている。しかも電柱君は手を横に伸ばして意地悪な背比べをしているようで,とてもユーモラスな場面に見えます。タイトルの付け方いかんで,内容性が高まることを教えてくれた作品といえます。
f0192112_23234034.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2012-10-19 23:24 | フォトテクニックデジタル
2012年 08月 21日

「デジャヴ」

フォトテクニックデジタル 2012年9月号掲載




■選評■
 ショーウインドウに反映する街。狙いを定めてしっかりと捉えていますが,それが逆にタイトルと中身のミスマッチを露呈しているように思えます。そもそも「デジャヴ」そのものが曖昧なために,表現するには作者にそれなりの明確なイメージがないと伝えられません。
f0192112_20554837.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2012-08-21 20:56 | フォトテクニックデジタル
2012年 04月 21日

「巨大なおみくじ」

フォトテクニックデジタル 2012年5月号掲載




■選評■
 住吉大社のおみくじ。知らない人には規格外のサイズというだけでコミカルなシーンですが,カメラを構えている人以外,まるで興味がないという周囲とのギャップがいいですね。やや雑然とした構図なので画面左のカップルをカットすると,もっとシンプルにまとまるでしょう。
f0192112_21275759.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2012-04-21 21:27 | フォトテクニックデジタル
2012年 03月 18日

「門掃き(かどはき)」

フォトテクニックデジタル 2012年4月号掲載




■選評■
 昔ながらの習慣を光と影を活かして捉え,カメラを意識させないアプローチは共感がもてます。門松でさりげなく季節感を表現している点も巧みです。画面構成はやや無駄があり,上部の空間をカットするなどして間を活かしたいです。
f0192112_19194631.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2012-03-18 19:19 | フォトテクニックデジタル
2012年 03月 18日

「駅舎」

フォトテクニックデジタル 2012年4月号掲載




■選評■
 古びた駅の佇まいの中,ベンチに腰掛ける人ひとり。手の皺などから推察するにお年寄りでしょうか。正面には車両が停まっているにもかかわらず,それに乗るでもなく座っているという場面が心に染みいります。人物の見せ方が内容性を高めたといっていいでしょう。
f0192112_19134557.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2012-03-18 19:15 | フォトテクニックデジタル
2012年 02月 19日

「窓越し観戦」

フォトテクニックデジタル 2012年3月号優秀賞




■選評■
 たった一枚の窓を隔てているだけで,向こうとこちらではまったく違う空気が流れている。作者がカメラを向けることができたのも,窓という境界的存在があったからこそ。もちろん,対局に集中している人たちにとっても同様でしょう。あえてそれを排除しなかったことで,あたかも自分が見ているかのような臨場感を巧みに描写しています。
f0192112_19395361.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2012-02-19 19:41 | フォトテクニックデジタル
2011年 12月 20日

「集合住宅」

フォトテクニックデジタル 2012年1月号掲載




■選評■
 それぞれが微妙に違う集合体は,一つひとつを見る楽しさがあります。標識を入れ,画面に変化をつける工夫は認めますが,窓の中に特徴的な動きをしている人物がいると,もっと印象的な作品に仕上がったのではないでしょうか。
f0192112_2213622.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2011-12-20 22:13 | フォトテクニックデジタル
2011年 12月 02日

「開演前のひととき」

GANREF Featured Photos 選出:飯島 裕先生


f0192112_21555582.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2011-12-02 21:57 | GANREF
2011年 11月 22日

「Power lines」

フォトテクニックデジタル 2011年12月号掲載



■選評■
 アートフィルター「ドラマチックトーン」を使ったのでしょうか。文字通りドラマを感じる仕上がりですが,「Power lines」というタイトルを考慮すると,右に見える建物の面積を少し減らし,印象を弱めた方がベターです。
f0192112_22311455.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2011-11-22 22:34 | フォトテクニックデジタル
2011年 10月 22日

「夏の夜の彩り」

フォトテクニックデジタル 2011年11月号佳作
■選評■
 花火をどういうふうに写すかは撮影者のアプローチ次第ですが,作者が捉えたネムノキのような花火は,かわいらしいですね。この花火を見上げていた多くの人たちの物語を想像して見ると,なかなか味わい深く見えてきます。あぁ,今年も夏が終わってしまったなぁ。

creative people DailyPicks
■選評■
 いっそ花火とわからないくらいの光の軌跡。流れ、ゆらぎ、点描など、カラフルな光が様々な表情を見せてくれていて、とてもユニークですね。あえてブレを描写することによって、花火を創作的な作品に仕上げてあります。光の筋が放射線状に広がっている様子がどことなくビッグバンを思わせたりと、想像力をかきたててくれるのがアート花火のおもしろいところではないかと思います。それにしても、花火はいろいろな表現の仕方があって本当に飽きません。皆さんの花火作品を拝見するのが毎回楽しみな今日この頃です。(Creative People事務局:編集R)
f0192112_21153536.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2011-10-22 21:16 | フォトテクニックデジタル
2011年 09月 18日

「鉄路を見上げて」

フォトテクニックデジタル 2011年10月号掲載



■選評■
 鉄の構造物の大きさや厳しさと,光の中に消えてしまいそうな人の小ささと儚さの対比が面白い作品です。広角レンズを使って鉄路を強調し,人を小さく見せた構図が何より効果的です。人が光に包まれた瞬間にシャッターを切ったタイミングも申し分ありません。
f0192112_2143333.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2011-09-18 21:45 | フォトテクニックデジタル
2011年 08月 27日

「裏通りのバイク」

フォトテクニックデジタル 2011年9月号掲載



■選評■
 裏通りの何気ない日常が,素直な目線で表現されていて好感が持てます。ただタイトルに「裏通りのバイク」とあるので,もう少しバイクに寄り,低いアングルから狙うなどして,バイクを強調してもよかったでしょう。
f0192112_22523424.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2011-08-27 22:56 | フォトテクニックデジタル
2011年 08月 27日

「他人の関係」

フォトテクニックデジタル 2011年9月号掲載



■選評■
 人と人との距離感を捉える,という発想はおもしろいですね。この斬新な視点と,背景選択がイメージとしてマッチしたときに,より印象的な作品として輝きそうです。その点では,ややおとなしい背景だったのではないでしょうか。
f0192112_2240344.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2011-08-27 22:42 | フォトテクニックデジタル
2011年 06月 21日

「夜の歯科医院前」

フォトテクニックデジタル 2011年7月号佳作



■選評■
 怪しいタイトルに思わず好奇心を誘われます。撮影時間帯は被写体に対して何らかのイメージがなければ選択できませんが,外観にマッチしていて好印象です。通り過ぎる人物を入れた点も共感できます。欲を言えば,右側の壁面に怪しげな人がいたり,戸が半開きになっていて,人の手が見えていたりするとイメージとしては完璧ですね。
f0192112_2245689.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2011-06-21 22:45 | フォトテクニックデジタル
2011年 02月 21日

「映る影」

フォトテクニックデジタル 2011年3月号佳作



■選評■
 この作品を見た瞬間,カッコイイなあと素直に思いました。白い壁に電柱の影が映り,背景の紺碧の空には雲が浮かぶ・・・。ただそれだけの要素なのに,じつにカッコイイ。スナップ写真の醍醐味のような場面に,思わず引き込まれてしまいました。思い切って壁を左下がりの斜めに傾けてしまったら,もっとインパクトがあったかなと思いますが,いかがでしょうか?
f0192112_2028294.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2011-02-21 20:28 | フォトテクニックデジタル
2010年 12月 24日

「角地にある家」

フォトテクニックデジタル 2011年1月号掲載



■選評■
 角地にだって家は建つ!というタイトルに対する嫌みなつっこみさておき(笑),自転車を押す婦人が通りがかった瞬間を逃さず,なおかつ,そんな場面の面白さを最大限に活かしたフレーミングを行ったhal@kyotoさんに拍手。板が朽ち,トタンも錆びてしまった壁面には似合わない,爽やかな青空や雲が広がり,なんとも長閑な雰囲気が漂っています。
f0192112_10292111.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2010-12-24 10:31 | フォトテクニックデジタル
2010年 12月 24日

「身代わり申」

フォトテクニックデジタル 2011年1月号掲載



■選評■
 被写体にぐっと迫った撮影距離が,見る側に臨場感を与えています。光と影のバランスもよく,青空と秋雲とのコントラストも作品をうまくまとめています。しかし,これを知らない人には魅力がなかなか伝わりにくく,そこをカバーするアプローチが求められます。
f0192112_10232074.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2010-12-24 10:24 | フォトテクニックデジタル
2010年 10月 27日

「ゆり園を楽しむ」

フォトテクニックデジタル 2010年11月号掲載



■選評■
 厳しい暑さの中で撮影されたことと想像しますが,作品からは暑さなど感じられず,ゆったりとした時間の流れがあり,爽やかな風景です。やや見上げて撮影したことによって,花に彩られた大地と,青空が近くに感じられ,まるで天空の花畑のようです。添景として人物を採り入れたことも効果的で,花畑の広がりを伝える役割を果たしています。
f0192112_682115.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2010-10-27 06:08 | フォトテクニックデジタル
2010年 10月 11日

「不思議な階段」

フォトテクニックデジタル 2010年10月号佳作



■選評■
 自転車のハンドル越しのいささか気の抜けたような画面に惹かれたのですが,タイトルを改めて見ると「不思議な階段」。よく見ると確かに奇妙ですよね。それぞれのステップが部屋の入り口なのでしょうか?まあ,私は,それよりも,このハンドル越しの目線がとっても好きです。
f0192112_103276.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2010-10-11 10:04 | フォトテクニックデジタル
2010年 08月 24日

「雨の日,伏見」

フォトテクニックデジタル 2010年9月号佳作



■選評■
 日本の風情を感じる風景ですね。シトシトと雨が降り続くなか,濡れて輝く緑と,人の気配が感じられない屋形船の連なる光景が,このうえなく美しく描かれています。
 ポジションの選択で,鉛色の空を反映する川面を多く取り入れたことで,いくつもの雨滴が波紋を広げる様子を映し出しました。また,スクエアフォーマットで撮影したことも,画面に安心感をもたらしています。
f0192112_2224455.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2010-08-24 22:27 | フォトテクニックデジタル
2010年 07月 19日

「河畔の散歩」

フォトテクニックデジタル 2010年8月号入選



■選評■
 静かな平凡な日常を切り取った味わい深い写真です。古い倉の板壁と手前の新しく創り直された塀。右奥には新しい住宅,左にはビルのような壁も見えますね。趣のある風景と時代の移り変わりを柳が見つめているかのようです。
f0192112_15282836.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2010-07-19 15:29 | フォトテクニックデジタル
2010年 07月 03日

「二人だけの春」

フォトテクニックデジタル 2010年7月号入選



■選評■
 麗らかな春の風景に心奪われました。映画のワンシーンを見ているようで,幸せな気分になります。春の堤を彩る立派な桜並木。寄り添う一組のカップルを点景に取り入れた点も効果的,バランスを考えたフレーミングは心地よく,それほど主張していない人物にも,鑑賞する側の視線は自然に導かれます。ステキな作品です。
f0192112_6192921.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2010-07-03 06:20 | フォトテクニックデジタル
2010年 05月 23日

「きれいな椿,見つけた」

フォトテクニックデジタル 2010年6月号掲載



■選評■
 花を隠す前ボケの葉が,恥じらいを感じさせてくれます。(笑)ピントもばっちり決まり,柔らかなボケ描写の中で,主役が際だちました。ただ,中央や左の枝が明るく,一瞬,そちらに気をとられるのが残念。状況にもよりますが,その枝に光が当たらなくなるのを待つか,枝をぎりぎりでカットしたフレーミングだと,一層よかったと思います。
f0192112_7272679.jpg

[PR]
# by halkyoto2 | 2010-05-23 07:29 | フォトテクニックデジタル